Masumi's Blog
HOME  > Masumi's Blog > 月別
「大分に癒されて」

5月22日は大分でのセルフヒプノセラピーワークショップでした。日常的に潜在意識と繋がる方法、リラクセーション&インナーチャイルドケア―などを実際に体験していただきました。

そして最後に私の誘導で、理想とする自分、本来のあるがままの自分らしさを生きた未来ビジョンを、皆さまに体験していただきました。何ものにも拘束されず、囚われず、真の自由を感じながら愛を生きている自分自身は、とても美しく感じられたことと思います。

私は皆さまを誘導しながら、私自身もその未来ビジョンを見ていました。今回は姿としてビジョンが見えたわけではありませんが、大きな大きな光が正面にあらわれ、そしてそこへ続く道が白く輝きながら真っ直ぐにのびていました。

未来の自分からのメッセージは、「しっかりとこの光にのみ意識を合わせ、ひたすら真っ直ぐに進め!あとのことはすべて委ねなさい。すべては完璧に調和され運ばれる」というものでした。そして光に包まれ、すべての細胞にそのエネルギーが染み込んでいくようでした。気持ちよく気持ちよく。ありがたくありがたく。

ルーズベルトの名言のようです。「目を星に向け、足を地につけよ」

 

0590.JPG今回も会場準備他すべてをボランティアでお手伝いいただきサポートしてくださいましたnaomiちゃんに100万回の感謝のキスを贈ります!(今日車のナビゲーションが言っていました「今日はキスの日です」って)

 

naomiちゃんは1年4か月前に私のヒプノバーシングをはじめて受講したクライアントであり、共に乳がんサバイバーでもあります。写真の赤ちゃんは、ヒプノバーシングで生まれた第1号のアイちゃんです。大きくなりました。普段は人見知りをするらしいのですが、お腹の中にいる時に聞いた私の声を覚えているのか?会ってすぐにキャッキャ笑顔を向けてくれました。ヒプノバーシングで生まれた子供は、まるで自分の子供のように思えます。そして成長が楽しみでもあります。またすぐに会えますようにヽ(^。^)ノ

 

  皆さまからの感想をまたお待ちしております。0615.JPG

posted by masumi /セミナーcomment(7)

「真の愛はあなたの内に」

 

0534.JPGのサムネール画像 あなたが本当に求めているものは何ですか?

私は、、、平和、静寂、穏やかさ、おおらかさ、たおやかさ、信頼、真の愛。書き出してみると、このすべてが既に自分の内に存在することに気がづきます。

せわしない日常という外界に埋もれてしまうと、人はつい内省する時間を忘れてしまい、大いなる存在との繋がりを見失った寂しさから、"本当は何が欲しいか"など聞く耳を持たずに、枯渇した心は更に外へ外へと愛という名の刺激を求めて走り出します。すべて意識できていない無意識のうちに起こることです。訓練できていない暴れ馬のように、五感に突き動かされて暴走します。その手綱を引き、制御できるのは自分自身でしかありません。

しかし内省だけでは人生は運ばれません。静かに座って瞑想していただけでは役割を果たしながら生きることはできません。吸って吐いて、生まれてから死ぬまでの間一定のリズムで繰り返す呼吸と同じように、外界と内界を交互に行ったり来たりしながら、私たちは生きる必要があるのでしょうね。

外界には人それぞれ与えられた環境があり、その関係性の中で、気付き学びまた成長していけます。たたそこで、「外界が自分を満たしてくれる」という誤解に目を覚まさなければ、いずれ苦しみに発展していくわけです。

自分を真から満たしてくれるものは内に存在します。愛の源は関係性の中にあるのではなく、自己の内に存在します。それを知り、常にそれを自己の中心に置く訓練が瞑想です。真の愛で満たされた個々の人間同士は、健全な関係を築いていけるはずです。真の愛は、関係性の愛の中に求める要求や期待や独占的なものを溶かして無くしてくれます。

たまには本当に欲していることに、耳を傾けてみてはいかがですか?

あなたが必死になって、頑張って頑張って追い求めていたものが、既に内に在ることに気付くことができれば、真の自由を味わえるはずです。

 

 

posted by masumi /気付きcomment(3)

「愛の泉」

人はこの地上に生まれた瞬間、それまで臍の緒で繋がっていた母親から切り離されます。それは宇宙という大いなる母体、源から切り離された感覚かもしれません。

幼少時に肉体の母親から無条件に十分に愛された記憶を持つ人、そのありのままの存在を認めてもらえていた人は幸いです。愛された記憶は安心感と自尊心を養うことができるので、大人になってから人と自分を比べて競争したり、誰かに認めてもらわないと存在価値をみいだせない空洞を抱えることはありません。そして依存という呪縛にはまり込むことも少ないでしょう。

心の内に持っている空洞。それがエゴの発信地です。淋しさと悲しみを満たすために、人は自分を満たしてくれるものを外界へと必死に追い求めることになります。ではその空洞を外界に求めることなく、自分自身で満たしていくにはどうしたらいいでしょうか。

原初に戻っていくこと。切り離されたと思っている目には見えない源へ意識を合わせることで、尽きることのない泉から愛を受け取ることができるのです。瞑想が必要なわけはそこにあります。けっして切り離されたわけではなく、生まれた時に忘れてしまっただけ。目を閉じて、内なる源に意識を合わせ、そこから無償の愛を、尽きることのない愛を受け取ってください。エゴを無くしたければ、源に意識を合わせるしかないのですから。

raphael.jpgのサムネール画像 

posted by masumi /気付きcomment(4)


pagetop

最近の記事

最近のコメント

Copyright Hypno WomanContactlinkPrivacy Policy