Masumi's Blog
HOME  > Masumi's Blog > 気付き > 愛の泉
「愛の泉」

人はこの地上に生まれた瞬間、それまで臍の緒で繋がっていた母親から切り離されます。それは宇宙という大いなる母体、源から切り離された感覚かもしれません。

幼少時に肉体の母親から無条件に十分に愛された記憶を持つ人、そのありのままの存在を認めてもらえていた人は幸いです。愛された記憶は安心感と自尊心を養うことができるので、大人になってから人と自分を比べて競争したり、誰かに認めてもらわないと存在価値をみいだせない空洞を抱えることはありません。そして依存という呪縛にはまり込むことも少ないでしょう。

心の内に持っている空洞。それがエゴの発信地です。淋しさと悲しみを満たすために、人は自分を満たしてくれるものを外界へと必死に追い求めることになります。ではその空洞を外界に求めることなく、自分自身で満たしていくにはどうしたらいいでしょうか。

原初に戻っていくこと。切り離されたと思っている目には見えない源へ意識を合わせることで、尽きることのない泉から愛を受け取ることができるのです。瞑想が必要なわけはそこにあります。けっして切り離されたわけではなく、生まれた時に忘れてしまっただけ。目を閉じて、内なる源に意識を合わせ、そこから無償の愛を、尽きることのない愛を受け取ってください。エゴを無くしたければ、源に意識を合わせるしかないのですから。

raphael.jpgのサムネール画像 

posted by masumi /気付きcomment(4)

コメント(4)

誰でも無償の愛を受け取ることができるんですね。
そして宇宙の根源とつながっているんですね。

その言葉だけで優しい愛に包まれ癒されていくようです。

一つ質問があります。
最近、瞑想したいのですが、上手く瞑想できないのです。
ネガティブが絵がでてくるのです。それもそんなのが
でてきてる~って思って瞑想を続ければいいのでしょうか。
瞑想のコツなんてあるのでしょうか。
あれば教えてくださいますか。

いつも優しさ溢れるブログ楽しく拝見しています。
ありがとうございます。

いつかヒプノセラピーを受けたいと思っています。
その時はよろしくお願いします。

その感覚、逆から感じました。アイちゃんがおなかの中にいたときのつながり感。それはそれは幸せでした。けど生まれたとたんに別個のもの、個々のものとなり、今はそれを尊重しながらどれだけ一緒に折り合いながら生きていけるか、の葛藤です。1年4ヶ月しか生きていなくても、意思があり、一人の人間なのです。

逆からの話しでしたが、空洞、今はありませんね。満ちあふれる忙しさ(苦笑)とでもいうのか。
瞑想!したいです。ずっとしていません。ますみんのご教授お願いします〜(他力本願)

shararaさん☆こんにちは。瞑想もはじめは正しい指導を受けてからの方が安定しますので、お近くであれば「瞑想会」へも参加してみてくださいね。
<ネガティブが絵がでてくるのです。それもそんなのが
でてきてる~って思って瞑想を続ければいいのでしょうか>
そういったものが出てきたとしても、それを客観的に見ている自分を意識しておいてください。なぜそれが現れたのか?何を意味しているのか?そこから必要なメッセージを受け取る分にはいいのですが、そのイメージ事態に飲み込まれていかないようにしてください。そもそも唯一絶対なる神は一元的な存在です。光と影の両者を包括する存在で源です。その源(光の根源)から眺めるつもりで、出てきたイメージを見てただ受け流しましょう。いいものもあまりよろしくないものも、受け流していくことです。イメージはあくまでもイリュージョンですから。

naomi☆アイちゃんはしっかりスピリットさんですからね。すでに悟った様な眼をしているし(*^。^*)子どもは胎児の頃から意思を持っているんですよ。ある方のお子さんは、お腹の中にいる時に、「私はここで生まれたい!!」と、お風呂場で伝えてきたそうです。その方は胎児のリクエスト通り、水中出産をして、とても安産でツルンと産まれたそうです。子どもの言うことに間違いはない!!ですね。潜在意識で生きていますから(*^。^*)

子育て中は“孤独感”はあまり感じないものかもしれないね。そんなこと言ってる場合じゃないもんね。逆に孤独をくださいてって時もあるし(笑)。必死に生きている証拠ですよね、母子ともに。

アドバイスありがとうございます。
イメージを受け流して瞑想してみます*^^*

奈良在住なので瞑想会に参加するのはなかなかかもしれませんが、拝見していると名古屋でも開催されているようですね。
日程が合えば、参加させていただきます。

コメントする


pagetop

最近の記事

最近のコメント

Copyright Hypno WomanContactlinkPrivacy Policy