Masumi's Blog
HOME  > Masumi's Blog > 月別
「子育てに影響を与えるインナーチャイルド」

個人セッションをしているとても不思議なのは、午前と午後のクライアントさんが、なぜだか似通ったテーマをお持ちの方がいらっしゃる事が少なくありません。前日のセッションでは、午前中はお子様を妊娠中死産で亡くされたお母様。午後は現在妊娠中のお母様。どちらもご自身のお母様とのぬぐい去れない確執をお持ちでした。

 

お子様を亡くされたお母様は、昇天したお子様の役割として、お母さんが抑圧し続けてきたものを解放するためにあったようです。感じないようにしていた部分を、この深い悲しみの経験によって刺激することで、本来の調和された自己へと戻すためだったようです。

 

妊娠中のお母様は、今抱えているご自身の抑圧された感情から退行していくと胎児期に入って行き、お母さんのお腹にいる時に感じたお母さんの深い悲しみが、そのまま胎児の自分に深く刻まれてしまっていたのです。

 

御二方とも、胎児~幼少のころから、お母さんに迷惑をかけない良い子でいよう、お母さんの役に立ちたい、そしてお母様に認められたいという気持ちで、一生懸命に頑張って頑張って、自分を抑えて生きてきました。けれどもヒプノセラピーの退行療法によって、お母様との真の愛の絆を確認し、愛の交流を行い、未解決で終わっていたドラマを完結し、呪縛から解放されて調和された本来の自由なご自身に戻って行かれました。

 

出産前にインナーチャイルドを癒しておくことはとても大切です。代々連鎖してきた歪んだ母子関係、親子関係を、今の代でストップさせて、潜在意識から誠実に向き合える調和された新しく素晴らしい親子関係を築いていきましょう!

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会,日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(0)


pagetop

最近の記事

最近のコメント

Copyright Hypno WomanContactlinkPrivacy Policy