Masumi's Blog
HOME  > Masumi's Blog > 日本ヒプノ赤ちゃん協会
「子育てに影響を与えるインナーチャイルド」

個人セッションをしているとても不思議なのは、午前と午後のクライアントさんが、なぜだか似通ったテーマをお持ちの方がいらっしゃる事が少なくありません。前日のセッションでは、午前中はお子様を妊娠中死産で亡くされたお母様。午後は現在妊娠中のお母様。どちらもご自身のお母様とのぬぐい去れない確執をお持ちでした。

 

お子様を亡くされたお母様は、昇天したお子様の役割として、お母さんが抑圧し続けてきたものを解放するためにあったようです。感じないようにしていた部分を、この深い悲しみの経験によって刺激することで、本来の調和された自己へと戻すためだったようです。

 

妊娠中のお母様は、今抱えているご自身の抑圧された感情から退行していくと胎児期に入って行き、お母さんのお腹にいる時に感じたお母さんの深い悲しみが、そのまま胎児の自分に深く刻まれてしまっていたのです。

 

御二方とも、胎児~幼少のころから、お母さんに迷惑をかけない良い子でいよう、お母さんの役に立ちたい、そしてお母様に認められたいという気持ちで、一生懸命に頑張って頑張って、自分を抑えて生きてきました。けれどもヒプノセラピーの退行療法によって、お母様との真の愛の絆を確認し、愛の交流を行い、未解決で終わっていたドラマを完結し、呪縛から解放されて調和された本来の自由なご自身に戻って行かれました。

 

出産前にインナーチャイルドを癒しておくことはとても大切です。代々連鎖してきた歪んだ母子関係、親子関係を、今の代でストップさせて、潜在意識から誠実に向き合える調和された新しく素晴らしい親子関係を築いていきましょう!

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会,日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(0)

「ヒプノ未妊セラピーセルフケア講座」
ヒプノ未妊セラピーのセルフケア講座にいらした女性、「子どもがほしい!と願っているんだけど、仕事柄男性的でいなければならず、コウノトリさんが渋っている気がします...」
この日のワークのテーマは、妊娠を妨げている過去植え込まれたネガティブな暗示(言葉、出来事)を探り、それを肯定的なものに書き換えていくイメージワークでした。退行までせずに自分自身でできる簡単なイメージワークを教えるつもりが、そのやり方を教えている途中から、どっぷり核心まで遡って行ってしまったのです。
そこはお母さんのお腹の中にいる頃の胎児の彼女でした。お母さんは妊娠しているとき、夫(クライアントさんの父親)の浮気現場を目撃したことで、苦しみから気が狂うほどの毎日を過ごしていました。そんなお母さんの感情をつぶさに感じ取っていた胎児の彼女は、「生まれてこなければよかった」とつぶやきます。お母さんに入ってみると、「子どもを守らなくち...ゃいけない。逃げ出したいけど逃げられない...」
胎児「お母さんかわいそう、私のせい、私がいなかったらお母さん自由なのに、お母さん苦しそう、ごめんなさい、ごめんなさい」
子どもというのは、周りの状況を自分のせいだと思ってしまうものです。そしてどの子もお母さんを助けたくて生まれてきます。イメージの中でお母さんと対面して、お母さんは彼女に答えます、「ごめんなさい、ごめんね、そんな風に思っていたなんて知らなかった、生まれてきてほしくないなんて思ったことはないよ」
クライアントさんはイメージの中でのやり取りで終始号泣です。そしてお母さんと抱きあい、深い母の愛を全身に染み渡らせ、無償の母性を体験しました。
母性にしても父性にしても、感覚をその方の中から引き出すことはとても大事です。この母性の体験から、「インナーチャイルドの自分」を受け入れることができ、イコール「子ども」を受け入れる準備が整ったわけです。
 
Salon「聖母の祈り」セルフケア講座
posted by masumi /ヒプノセラピー体験談,ヒプノセラピー体験談,ヒプノセラピー体験談comment(0)

「NGH講座が4月にスタート!!」

 

いよいよHypnoWomanヒプノセラピスト養成スクールで4月にNGH講座を行います<米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)認定コース>。

NGHは、ヒプノセラピーの基礎から中級テクニックまでを、段階的に学んでいく10日間コースです。NGHコースのBook 1(ベーシック・レベル)は、米国催眠療法協会(ABH)認定のヒプノセラピー・ベーシックコースよりもより幅広く、詳しく催眠と催眠療法に関する基本知識や基本テクニックをカバーしています
修了者は米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)の認定証が授与されます。

詳細はこちらをご覧ください。
http://hypnoakachan.com/courses/ngh/

 
【スケジュール】2013年4月15日(月)、16日(火)、17日(水)、18日(木)、19日(金)、22日(月)、23日(火)24日(水)、25日(木)、26(金)、の10日間

【会場】ヒプノウーマンSalon 横浜市緑区青葉区(田園都市線・藤が丘駅)
 
【定員】6名

 
一般初心者、将来プロとしての独立・開業を目指す方、自分を癒していきたい方、どなたでも受講できます。じっくりとヒプノセラピーを学び、創造的で豊かな人生を手に入れませんか。
 
posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(0)

「「ヒプノ赤ちゃん」誕生!!おめでとうございます。」

「ヒプノ赤ちゃん」プラクティショナー第一期生の田島朋子さんのところへ(Hypnoroom Swan~ヒプノルームスワン)

「ヒプノ赤ちゃんクラス」を学びにいらした、山﨑ファミリーが男の子を出産されました!!おめでとうございます。

以下田島さんのブログから、お母様の手記をご紹介させていただきます。

http://www4.hp-ez.com/hp/hypnoroomswan/page39

*********************************

2012年3月8日に山﨑圭子さん昭彦さんご夫妻に男の子「朋くん」が誕生しました。
おめでとうございます!
1か月たって、圭子さんが「ヒプノ赤ちゃん」出産法の感想を赤ちゃんへの手紙にしたためて送ってくださいました。

*********************************

☆わたしのかわいい赤ちゃんへ☆

    

あなたが母さんのおなかの中に来てくれた時のことおぼえてる?
母さんはずっとずっとあなたに会いたくて、あなたがおなかの中にいるって分かった時、とっーてもうれしかったんだ。そしてその時母さんは"ヒプノセラピーを受けたい"ってまず思ったんだよ。
きっとあなたと、それから自分自身と、深くつながりたいってこころが求めたんだと思う。

セラピーの先生をさがしてめぐりあえた田島先生、
その田島先生のホームページに"ヒプノ赤ちゃん"の紹介があって、母さん直感が働いたんだ。
その後宮崎ますみ先生の講演会に参加して本来の出産についてのお話を聞き、
"出産は痛いものではない"という事実をすんなりと受け入れることができて、
母さんもおだやかでリラックスしたしあわせいっぱいの産をしたいと思ったんだよ。

ヒプノ赤ちゃんのお勉強、
田島先生の誘導であなたとつながる経験を、父さんとできたことが母さんは何よりうれしかった。
潜在意識でのことを父さんと分かち合うことができて"2人であなたを迎える"という気持ちがどんどん強くなっていったよ。

父さんははじめ"こんな世界もあるんだ"ってびっくりしてたけど、なんでも受け入れてやってみる柔軟な気持ちをもっているんだ。父さんのいいところ!
そういえば父さん、母さんのすすめでね、ヒプノでこどもの頃の自分に会いにいったり、生まれる前の自分のたましいに会いにいったりもしたんだよ。

   

あなたはおぼえてる?
おなかの中にいる時父さん母さんとお話したこと。
母さんはうれしくてよく泣いていたよね。
あなたはいつもおなかの中で、げんきいっぱい楽しそうにしていたね。母さんそのことがうれしかったんだ。田島先生はいつも"すばらしいですね~"って声をかけてくれて母さんはますますうれしい気持ちになったよ。

お家では母さんと宮崎ますみ先生のマザーアースリラクセーションのCDを毎日一緒にきいたよね。母さん心地よくって眠ってしまうこともあったけど、あなたと過ごすそんなのんびりとした時間がとてもしあわせだったよ。そばにはいつも2ひきのねこたちが一緒にいてくれた。

夜は寝る前の時間に父さんが"達成イメージ"と"可愛いわたしの赤ちゃんへ""パパの約束"をよんでくれたよ。あなたも一緒にきいていたよね。
父さんは仕事で疲れてて早く休みたい日もあったと思うけど、あなたを迎える準備の時間をとても大切に考えてくれていたよ。

それから母さん呼吸のれんしゅうをたくさんしたよ。
あなたが生まれてくる時のことを想像しながらね。 父さんとも予行れんしゅうしたよ。
父さんにことばをかけてもらって母さんはリラックスしてゆっくり呼吸するんだ。
おぼえてるでしょ? あなたもいつも一緒にれんしゅうしたものね。

それとね母さんおなかが大きくなってきて夜中に足がつるようになって、その激痛に飛び起きることがよくあったんだ。
すると父さんがすぐに起きてくれて"エンドルフィンの手袋"の誘導をしてくれるんだ。
すると不思議。痛みはただの感覚へと変わっていくんだ。
母さんはリラックスすることの大切さを感覚で学ぶことができたよ。

あなたがつるりんと生まれてくるように、母さんがリラックスしてその時を過ごせるように、いっぱいいっぱいれんしゅうを重ねたから、父さんと母さんは不安や心配がひとつもなかった。
絶対だいじょうぶって思ってた。あなたが生まれてくる日のことを思って、期待で胸がいっぱいだったよ。

  

お家での出産を準備してきたけど、あなたをつつんでいる膜が先にやぶれてしまい時間が経っても波動が来なかったから、病院で出産することになったんだよ。
病院の先生から促進剤の投与を提案されたけど、ヒプノ赤ちゃんの学びで"赤ちゃんはどうやって生まれてくるかを知っていて、完璧なタイミングで生まれてくる"ことを知っていたから、今はまだ生まれるタイミングではないだけ、その時が来たらあなたの決めたタイミングでつるりんと生まれてくる!!と確信をもっていたんだ。だから薬は使いたくなくて、自然に波動が来るのを、あなたからの合図が来るのを待つことにしたんだ。
病院の人たちは父さんと母さんの判断を理解して受け入れてくれ、そしてたくさんたくさん支えてくれた。それからみんなが、あなたの旅が無事であるように祈ってくれていたよ。

                

それからね、母さんはあなたがおなかにいるこの日々がしあわせで、すごくすごく楽しかったから妊婦さんじゃなくなっちゃうのが淋しかったんだ。
その気持ちに気がついて、母さんも今の自分とバイバイしなきゃいけないってことが分かったんだ。
あなたも母さんのおなかとバイバイしていたんだよね。
波動が始まるまでの時間は、あなたにとっても、母さんにとっても、次のステージに進むためのこころの準備の時間だったんだね。

そしてついにあなたが誕生への準備をはじめ、少しずつ波動が強くなっていったよ。
父さんが"ゆっくり吸ってやさしく吐いていくよ~""じょうずにリラックスしているよ~""バラの花が開いていくからね~"と語りかけてくれ、母さんはただ呼吸に集中してリラックスにつとめたよ。
眩しいきいろの光につつまれたげんきいっぱいのあなたがイメージできて、母さんいっぱい勇気がわいてきたんだよ。
痛くて叫んだりすることはなくてね、しあわせにつつまれた夢のような時間だったよ。
父さんに支えられていること、父さんとあなたの誕生を一緒に迎えられること、しみじみとしあわせだな~と感じていたんだ。

でも実はね、波動の最中に2度、母さん呼吸をみだしてしまいパニックしそうになった。
水の中に溺れてもがき苦しむ感覚でとても怖かった。容易に痛みのうずに巻き込まれることが実感できた。だけど母さんすぐにね"これじゃいけない"って分かったから、とにかく必死で自分に言いきかせて呼吸をもとにもどしたよ。そしたら次の波動から、またよい波にのれるようになったんだ。
父さんの声もまた心地よくきこえてきた。

あなたが誕生して母さんのおなかの上に来てくれた時のこと、目を開けて母さんをじっとみつめてくれた時のこと、その瞬間のことは一生忘れないよ。

いつかあなたとこの日のことをお話するのがとっても楽しみ。
お誕生の旅ほんとうによくがんばったね!!
とってもじょうずに生まれてこれたよ!!

            

今こうしてあなたが母さんの腕の中でおっぱいをのんでいるのがことばにできないくらいにしあわせ。 
朝目が覚めてあなたがとなりに眠っているのがこの上ないしあわせ。
あなたのかわいいお顔をみながら、人が創造される神秘、人が生まれる神秘に母さんは感動しているよ。それからね、なんでも知っていて、なんでもできちゃうあなたをみて、母が子を産むことも自然にできることなのだとあらためて思ったよ。

父さん母さんのところに生まれてきてくれてありがとう。
私を"お母さん"にしてくれてありがとう。
父さんと母さんの絆を強くしてくれてありがとう。
それからいつもおなかの中から母さんを励まし続けてくれてありがとう。
あなたから届いたメッセージ今でも大切におぼえているよ。

命名 "朋(とも)"
あなたのおなまえ、父さん母さんで一生けん命考えたよ。
どう? 気に入ってくれた?! 
"よき友、よき仲間と(どうぶつや目に見えないものもふくめて)
          あなたの人生を楽しく過ごしてね"
                          母さんより

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(1)

「2月5日(日)「抑うつ気分への予防/抑うつ状態への対処」 ワークショップのご案内」

2月5日(日)に行われます、「抑うつ気分への予防 / 抑うつ状態への対処」ワークショップのご案内です。

先日、講師の臨床心理士であります楮原エリ子さんと打ち合わせをさせていただきましたが、現在うつの症状、落ち込み気分が強い方には、ぜひ聞いていただきたい内容です。

どうぞ体調がすぐれない方も、前日参加申し込みでも大丈夫ですよ!気楽な気持ちで、ぜひお越しください。

どうぞ一人でくよくよ考えすぎないでくださいね。

催眠療法は、うつ症状の原因にアプローチし、それを解放し癒していきますが、臨床の現場では、顕在意識へのアプローチも大切です。無意識を意識化する認知行動療法の観点から、負のスパイラルを理解し、それに対してどう対処していけばいいのか?具体的にとても丁寧に説明してくださいます。

  

日程:2012年2月5日(日)

<二部構成>

(第一部)午前10:00~12:00

内容:妊婦さん&子育て中のお母さん

全てのうつ症状に悩む皆様へ向けた抑うつ気分の予防/抑うつ状態への対処

講師:楮原エリ子(かごはらえりこ) 臨床心理士

 

(第二部)午後13:30~15:30

内容:ヒプノを用いたセルフケアーの方法を教えます。

自己催眠法/聖母ヒーリング/胎児&子どもと潜在意識下でお話をする方法

講師:宮崎ますみ ヒプノセラピスト

 

参加費:各5,000円(税込&茶菓代含みます)

当日現金でお支払いください。

午前午後続けてのご参加は、9,000円

 

会場:ヒプノウーマン・ラウンジ/横浜市青葉区藤が丘(参加お申し込みいただいた方に詳細をお送りいたします)

 

お申し込みはセッション&ワークショップページから

※コメント欄に、「第一部午前参加希望」、「第二部午後参加希望」、もしくは「一部二部続けて参加希望」と明記ください。

 

posted by masumi /セミナー,セミナーcomment(0)

「「ヒプノ赤ちゃん」 特別講演 in 東京」

 

「ヒプノ赤ちゃん」特別講演 in東京 2011年8月7日(日)特別講師にJHA代表・村井啓一氏と、東京女子医大・川嶋朗助教授をお迎えして。NEW!!

 

生命の源に委ねた次世代の自然出産法「ヒプノ赤ちゃん」 特別講演

 

10161001309.jpg

 日曜日のアフタヌーンティータイム、優しいハーブティーに心と体を癒されながら、
潜在意識の扉を開けて無限に広がる智慧に満ちた世界を体験してみませんか。

 

 日時:2011年8月7日(日)午後12:40会場 13:00開演~17:00終了

 会場:Salon de Kisaki サロン・ド・キサキ  

東京都千代田区1番町4 ノア1番町 801号
アクセス:東京メトロ 半蔵門駅 徒歩2分

参加費:2,000円(お茶菓代、税込) 当日現金でお願いします。

  

プログラム    

 第一部  午後1時00分~1時40分


『催眠(ヒプノシス)の歴史と出産』 

講師:村井啓一(日本ホリスティックアカデミー代表)

日本ヒプノ赤ちゃん協会・顧問

 

第二部  午後1時50分~3時10分


『ヒプノ赤ちゃん~次世代の自然出産法~』

催眠状態を活用した自然出産法「ヒプノ赤ちゃん」について詳しく説明いたします。
もともと女性の体には、正常で自然で健康な出産をする機能が備わっています。「ヒプノ赤ちゃん」は、お母さんが自分自身の潜在的な出産能力に、呼吸法・リラクセーション・イメージを用いて協調しながら、過酷な痛みを経験することなく、穏やかで快適で歓びに満ちた自然な出産へと導く出産教育プログラムです。
また、これからの時代を担う子どもたちのための胎児期からの子育てと親教育、そしてコミュニケーション技術について学びます。

『胎話法のデモストレーション』
催眠に入り潜在意識下でお腹の中の赤ちゃんと対話をします。
通常の胎教とは異なり、深い意識から母子の絆を作ります。
※参加者に妊婦さんがいらっしゃらない場合は、他の催眠誘導を行います。

『ヒプノ未妊セラピー~未妊の原因~』

「ヒプノ未妊セラピー」は、妊娠したいと望んでいるのに妊娠できないカップルが、自然に妊娠できるような心と体の状態を作り上げていくために考案されたプログラムです。

講師:宮崎ますみ(日本ヒプノ赤ちゃん協会代表)

 

第三部  午後3時20分~4時00分

『統合医療における自然分娩と不妊治療/これからの統合医療とヒプノセラピー』

講師:川嶋朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)

日本ヒプノ赤ちゃん協会・顧問医師

 

第四部  午後4時00分~5時:00分

ハーブティーをいただきながら座談会 Q&A
    

主催:日本ヒプノ赤ちゃん協会 JHAI:Japan HypnoAkachan Institute
協賛:日本ホリスティックアカデミー JHA:Japan Holistic Academy


  
講師略歴

村井啓一(むらいけいいち)

日本ホリスティックアカデミー / ホリスティックワーク代表
日本ヒプノ赤ちゃん協会顧問
米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)認定マスター・インストラクター
米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy)認定マスター・インストラクター
国際催眠連盟(International Hypnosis Federation)認定マスター・インストラクター
日本ホリスティック医学協会専門会員

宮崎ますみ(みやざきますみ)

日本ヒプノ赤ちゃん協会 / ヒプノウーマン代表
 米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)認定インストラクター
米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy)認定インストラクター
日本ホリスティックアカデミー認定インストラクター
日本ホリスティック医学協会専門会員 

顧問医師:川嶋朗(かわしまあきら)医学博士

東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所 自然医療部門 助教授
東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック 所長

 

お申し込み方法 & お問い合わせ

◆お名前◆年齢◆職業◆住所◆電話番号◆E-mailアドレス
をお書き添えの上、申込フォーム、E-mail、Fax、のいずれかで申し込みください。

日本ヒプノ赤ちゃん協会事務局・「ヒプノ赤ちゃん」特別講演会事務局
E-mail:info@hypnoakachan.com
Fax:03-5468-2870

※ご興味のある方ならどなたでも参加可能です。これから出産を考えていらっしゃる方、不妊治療中のカップル、助産師さん、産科の先生、セラピスト、、、。

ページトップへ

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(0)

「ヒプノセラピスト&プラクティショナー各養成講座・申込受付中です。」
ヒプノセラピスト&プラクティショナー各養成講座・申込受付中です。NEW!!

2011年7月~11月の

ヒプノセラピスト&プラクティショナー各養成講座・申込受付中です。

詳細は日本ヒプノ赤ちゃん協会ウェブサイト講座スケジュールをご覧くださいませ。

●ヒプノ赤ちゃん プラクティショナー養成講座

●ヒプノ未妊セラピー プラクティショナー養成講座

●米国催眠療法協会(ABH)2日間コース

●米国催眠士協会(NGH)認定10日間コース

●前世療法アドバンスコース

●年齢退行療法アドバンスコース

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(0)

「ラジオ日本・毎週金曜日25時~26時宮崎ますみ出演中」

ラジオ番組のお知らせ

ラジオ日本(1422kHz)の毎週金曜日25時から26時に放送されている「ラジオ時事対談」(プロデューサー:有泉孝氏)の中で「村井啓一のヒプノセラピー」というコーナー番組が3月から放送されています。

このコーナー番組は、催眠についての正しい理解を広めて催眠療法を普及させる目的で作られています。

5月は宮崎ますみが、妊娠と出産で催眠を利用する方法、「ヒプノ赤ちゃん」と「未妊セラピー」について放送します。

6月も引き続き、宮崎ますみも出演し、「暗示療法」をテーマに放送します。

ラジオ日本は残念ながら関東地域でしか聴くことができません。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県であればインターネットラジオ「radiko」でも聴くことできますので、首都圏で電波状態が悪い方はお試し下さい。

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(0)

「2011年1月29~30日米国催眠療法協会認定コースin浜松」

 

2011年1月29~30日浜松で初!米国催眠療法協会(ABH)認定コースが開催されました。 

ABH全員写真 - コピー.jpg参加された受講生の皆さまは実に職種&目的は様々です。既に催眠療法以外でご活躍されているセラピストの方々や、臨床心理士、サラリーマン、主婦、看護師、助産師、ライター、鍼灸師、料理教室講師、会社経営者他。それぞれ全く違った環境の中で、様々な経験を積み重ねてきた者どうしが集まり、互いの潜在意識をオープンにして語りあい、学びあえた2日間は、きっと人生において貴重な思い出の1ページとして、胸の奥深くに残る温かな経験だったと思います。

さらに深く催眠療法を学び、癒しのお手伝いに役立てたいと思った方も多くいらっしゃると思います。そして「ヒプノ赤ちゃん」「未妊セラピー」へのステップとして、意気込みを新たにされた方もいらっしゃると思います。一つ一つ潜在意識の声に耳を傾け、これからも学びながら前進していってくださいませ。学ぶことはまた新たな発見と喜びを享受されますからね。

ありがとうございました。次回浜松ABHは夏頃になると思います。その間、ワークショップを数回開催いたしますので、開催内容が決定次第またウェブサイトにアップいたします。(ヒプノウーマン日本ヒプノ赤ちゃん協会

心地の良い場所を快く開放してくださいました也太奇プランニングの松下さま、美味しい玄米菜食弁当をデリバリーしてくださいました知久屋さま、そしてすべてのコーディネートをお世話してくださいました山口さん、本当にありがとうございました。参加者の皆さまが気持ちよく、快適に学ぶことができましたのも、皆様のおかげでございます。心より感謝申し上げます。

 

山口さんのブログにワークショップと講座の感想が書かれています。

『ヒプノセラピー&健康講座』http://kenkokoza.hamazo.tv/

posted by masumi /セミナー,セミナーcomment(0)

「愛は創造」

  

IMG_0070.JPG潜在意識下にある意思が現実を作りだしていることは既にご承知だと思います。潜在意識には、とても個人的なメモリーに彩られている浅い部分から、宇宙意識ともいうべくとても深い魂の根源的な領域まであります。そこが深ければ深いほど人知を超えた大いなる意図が隠されおり、人生に混乱を招き、感情がかき乱されることもあるでしょう。がしかし起こっている現実がたとえネガティブであったとしても、それを経験することによって浄化と解放を促され、それを行っている大いなる意志によって、結果的に生と死を超えて私たちの魂を迷妄のイリュージョンから救い出してくださっているのです。

未妊についても、「大いなる意図が隠されている」ということにおいて同じことが言えます。自分の頭(顕在意識)と浅い潜在意識(満たされない自分)が、「赤ちゃんが欲しい」と思っていたとしても、何か"今"赤ちゃんが授からない必要性があったり、もしくは今生において、赤ちゃんを得る人生を選択していない過去のメモリーからくる要因と目的があるかもしれません。 

未妊の深奥に隠れ最も深く影響を及ぼしている潜在意識を解放することで、いわばこの人生を創造している大いなる自己の意図を見抜いていくことによって、執拗に「赤ちゃんがどうしても欲しい、赤ちゃんがいなければ私の人生は満たされない」という不健全に偏った執着心から解放され楽になっていきます。その恩恵としてリセットされたメモリーは真っ白なキャンパスとなり、赤ちゃんを授かるという新しい人生を描くことも可能になっていきますし、真の自尊心を取り戻し、今生の目的を豊かな気持ちで全うしながら生きていく力を得ることもできます。すべてはその方ご自身の本質を顕わにするということです。本質とは愛であり創造であります。 

信じることです。深い深い潜在意識には目的と意図があり、そこは必ず愛からできているということを。その意図を"知る""気づく"ことによって、解放され浄化され、そして新たな選択をしていけるのです。 

このように、潜在意識の大いなる意図を確認し、深いリラクセーション効果によって自律神経と内分泌系のバランスを整えていく「ヒプノ未妊セラピー」は、未妊で苦しむ女性にとってとても有効な方法と言えます。 

深い潜在意識に存在する真の自己を知り、自分自身の正直な感情、純粋領域からわき起こる直感的な祈りに触れることにより、その"思い"は宇宙に共鳴し、顕現が早くなっていきます。それは創造の力を有する私たちの本質、生命の根源的な神の部分です。

 ヒプノはすべてがひとつであり、すべてが愛でできていることを体験できる方法です。より深い自己と確固とした繋がりを持ち、天与された創造の力を使って、メモリーを浄化し、より幸せな人生をクリエイトしていくためのサポート役として、ヒプノセラピスト、プラクティショナーはお手伝いさせていただくのです。

 

日本ヒプノ赤ちゃん協会banner_b2.jpg

http://hypnoakachan.com/日本ヒプノ赤ちゃん協会 ウェブサイト

※「ヒプノ未妊セラピー」プラクティショナー第2期生養成講座の詳細はこちらをご覧ください。

 

 

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(0)

「浜松で行うABH講座&ワークショップのご案内と友人の著書出版記念!」

米国催眠療法協会(ABH)認定ベーシックコースを浜松で行います。

2011年1月29日(土)、30日(日)の2日間 

 スケジュール

日程:2011年1月29日(土)、30日(日)

時間:午前10:00~午後18:30

会場:浜松市内会場(お申込みいただいた方に詳細ご連絡いたします)

講師:宮崎ますみ
日本ヒプノ赤ちゃん協会代表・ヒプノ赤ちゃんマスターインストラクター
米国催眠療法協会(ABH:American Board of Hypnotherapy)認定インストラクター
米国催眠療法士協会(NGH:National Guild of Hypnotists)認定インストラクター

お申込み、講座内容、認定資格等詳細は「日本ヒプノ赤ちゃん協会」ウェブサイト内「講座のご案内」ABH認定ベーシックコースのページをお読みください。http://hypnoakachan.com/courses/abh/

**************************************

ヒプノセラピー・ワークショップin浜松

日程:2011年1月28日(金)

会場:浜松市・「ヒーリングサロンBentenjima」

時間:13:00~17:00(ティータイム含む)

会費:5,000円+300円(お茶代)

今回のテーマは「ペインコントロール」。私たちの体には、モルヒネの200倍ともいわれる自然の鎮痛剤・エンドルフィンを作る能力が備わっています。病や怪我などの大きな痛みを軽減するために、リラクセーションや自己暗示の技法を用いてこうした力を意識的に引き出すのが「ペインコントロール」。痛みを感じるメカニズムと、肉体の苦痛だけでなく心の痛みを軽減する方法についても学びます。また、3時間のワークショップの後、共に語り合うティータイムを1時間設けます。

**************************************

 To My Beloved

0180.JPG 魂の友であります鯉沼香帆ちゃんと柳田幸香ちゃんが『To My Beloved~愛するあなたへ~』という詩と写真、マンダラ画の作品集をナチュラルスピリットから出版されました。宮崎はオビを書かせていただきました。たくさんのメッセージがちりばめられた愛あふれる作品です。ぜひ手にとって、紡ぎだされたすべてを味わってください。きっと内なる愛が目覚めますよ。

 

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会,日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(2)

「ワークショップ&講座のご案内です。」

横浜久しぶりのワークショップです。ヒプノセラピーの基本である暗示の力について学びます。皆さんどうぞご参加ください

ヒプノセラピー・ワークショップ in横浜 テーマ『セルフコントロール』

日時 * 2010年11月25日(木)

     午後12:30~16:00(ワークショップ)

     午後16:00~17:30(お茶会)

場所 * 横浜市十日市場地区センター 和室A&B

詳細はNEWSページをご覧ください。

 

*************************************************************************

 

日本ヒプノ赤ちゃん協会認定(JHAI:Japan HypnoAkachan Institute)

「ヒプノ未妊セラピー」プラクティショナー第一期生養成講座

 

日程:2011年2月11日(金・祝日)、12日(土)、13日(日)の3日間

時間:午前10:00~午後18:30

会場:日本ホリスティックアカデミー

「ヒプノ未妊セラピー」とは、妊娠したいと望んでいるのに、未妊状態(不妊とは言いません)でいるカップルが、自然に妊娠できるような心と体の状態を作り上げていくために考案されたヒプノセラピーのプログラムです。

詳細はTOPICページをご覧ください。

 

 

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会,日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(0)

「「ヒプノ赤ちゃん」プラクティショナー第一期生産出!!」

 

2010.9.23「ヒプノ赤ちゃん」第一期生.jpg涙あり笑いありの、記念すべき第一期生「ヒプノ赤ちゃん」プラクティショナー養成講座5日間、無事終了いたしました。

 

全身全霊をかけて開講に臨んだからでしょうか、しばらくの間もぬけの殻状態になってしまいました。それはまるで出産後の子宮のよう。達成感と安堵感、新たなる課題が、のびきったふくろの中でごっちゃに散らばり。しかし講座の中にもあります、「聖母の祈り」ワークをし、祝福をたくさん受け取り、再び豊かに満たされました。

 

「美しい未来を担う子どもたちのために自分の命を生かしたい」、そう祈ってから15年以上の月日が経ち、ようやく機が熟され、スタートラインに立ちました。

教材を作る作業はひとりっきりで、何をどこまでどのように伝えればいいのか?など

色々と葛藤もありましたが、ただひたすら、お空で待ってくれているベイビースピリットたちのワクワク感と期待感を胸に抱きながら、「産みの苦しみ」ならぬ、「産みの喜び」を味わうこともできました。

 

実際に講習に入ると、あまりにも計画されたメンバーに驚き、皆さまの経験と、計り知れない叡智により、教えることは何もない、ということに気づかされました。皆さんの深奥には、すでに「知る」領域が存在します。そこにアクセスすることこそが、私の役割であると実感いたしました。

これからプラクティショナーの皆さんが出会っていくであろうクライアントさんの内にも、

永遠なる無償の愛と、無限なる叡智が存在することでしょう。そこを掘り当てることができるのは、まず自分自身が永遠なる愛の鏡になることだと思います。

 

友人が教えてくださいました。万葉集の「見る」は、現代語の「触れる」に似ていて、その人の本当を「見る」ことで、見えなかったものを「現実化」するというものだそうです。「ヒプノ赤ちゃん」の出産法も、女性の出産能力を最大限に引き出していきます。プラクティショナーがその能力を見ることで、それが引き出され顕現します。

そして「ヒプノ赤ちゃん」を学ぶと、出産能力だけに留まらず、人間として本来の姿、真実の実在を見るということにもなり、その大いなる命の源、神と呼んでも良いかもしれませんが、その存在と交わり繋げていくことにもなります。

 

第一回養成講座を終えて、本当に「ヒプノ赤ちゃん」プラクティショナーの取り組みは、尊いな~、と感じました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

「神よ、あなたの御言葉が、私の人生の表現となりますように」

 大いなる宇宙の無限なる愛と光と感謝を込めて

 By.Masumi Miyazaki

 

4388262.jpg

※次回「ヒプノ赤ちゃん」プラクティショナー養成講座の日程が決まりました。

  既にヒプノセラピストとしての認定を受けている方を対象とした講座です。

  詳細はこちら↓

http://www.hypnowoman.jp/topics/2010/09/jhaijapan_hypnoakachan_institute2010121923new.html

 

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(3)

「育良クリニック~妊婦さんのためのリラクセーション教室~」

 7月12日新月&日食の日、育良クリニック(産科・婦人科)さんの産後ケア―代官山の方で、妊婦さんのためのリラクセーション教室を行いました。http://www.hypnowoman.jp/news/2010/06/post_13.html

はじめに自己紹介と共に、赤ちゃんを授かってからの心の変化や体調面における変化、そして出産に対する"思い"をお伺いしながら、カンバセ―ションの時間をとりました。その中でヒプノセラピーに関する説明も織り込みながら、潜在意識が与える胎児への影響、出産時の母体への影響等のお話しもさせていただきました。

その後皆さんに横になっていただき、リラクセーションから潜在意識状態へと入り、自分が赤ちゃんになってみて、母体の中で何を感じているか?を体験していただきました。そして赤ちゃんからのメッセージを受け取り、またお母さんご自身が赤ちゃんに対してあふれる愛を伝えていただきました。

皆さんとてもはっきりと強く、赤ちゃんとの繋がりを"実感"として感じていただけたようです。

R0013284[2].JPGのサムネール画像二人目のお子様を妊娠中のY.Hさんが体験談を寄せてくださいましたので、ご紹介させていただきます。Y.Hさん、ありがとうございました。

<Y.Hさんの体験談>**************

新しい妊娠により、様々な精神的葛藤や不安が起こり、まさに、潜在意識との折り合いのつかなさに気持ちが沈んだままになっていた時でしたので、育良クリニックでフライヤーを今回の日程直前に偶然見つけたことは、とてもラッキーな出会いであり、お腹の子が導いてくれたのではと思えるほどです。

もともと心理療法のようなものには関心がありましたが、今回のような体験は初めてでした。体験できてほんとうによかったです。涙が出ました。

フライヤーだけでは、赤ちゃんになるということがうまくイメージできなかったのですが、深いリラクセーションと催眠状態により、潜在意識と顕在意識を統合させるということに強くひかれて申し込みました。

実際には、潜在意識の中にこのような方法で入り込むことができた驚きと、赤ちゃんと会うことができ、また赤ちゃんになって母親である自分を見つめることができ、抱きしめることもできたこと、そして前後のカウンセリングとセッションに癒され、救われた気がしました。

小さなきっかけにも、なんでも一歩踏み出してみるものだと思いました。
これからの人生、潜在意識というものに、より意識をおいて生きていきたいです。
ありがとうございました。

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(0)

「Somewhere in Time 夏至の日に起きたシンクロニシティー」

今日は夏至。パワフル過ぎてくらくら(@_@)するほどの一日でしたが、過去と現在と未来をつなぐ、素敵なシンクロニシティーが起こった一日でもありました。(それを言ったら昨日もすごかったけれど)

まずはご報告です。本日『日本ヒプノ赤ちゃん協会』を立ち上げました。

image2.jpgのサムネール画像  image6.jpgのサムネール画像  image4.jpgのサムネール画像  image5.jpgのサムネール画像

午前中、狛犬が子どもを抱く(子宝に恵まれる)お隣の王子神社で、設立のご祈祷をしていただきました。身が引き締まる思いでございます。設立へ至るまでに大いなるスピリットからの守護と導きを何度強く感じてきたことでしょう。

日本ヒプノ赤ちゃん協会認定・第一期生プラクティショナー養成講座

詳細は↑こちらをクリックしTOPICページをご覧くださいませ。 

        

そして、どんなシンクロが起こったかといいますと。下の写真ご存知ですか?クリストファー・リーブ主演の"Somewhere in Time"という1980年の映画です(邦題は「ある日どこかで」)。ご祈祷から戻り、昼食をとりながら、何気にスターチャンネルをつけてみると、なんとこの映画がやっていたのです。

 

sitsepia.jpgのサムネール画像この映画は私にとってヒプノセラピーとの出会いでもあります。1994年お正月、私は一人ハワイで休暇を取っていました。何の計画もなく、ただただ日々の忙しさから解放されて、スピリチュアルな毎日を楽しんでいると、友人のお母さんのボーイフレンドであったジェイというイタリア系アメリカ人のヒプノセラピストを紹介されました。そのお母さんのすすめもあって、私は彼の"前世療法"を受けてみることになったのです。シャーリー・マクレーンの「アウト・オン・ア・リム」を読んで以来、前世を体験してみたい!という気持ちが高まっていた時でもあり、旅の思わぬ展開ににワクワクしながら受けてみました。その時、私はその後の人生に訪れるパートナーシップに関する"やり残した思い"を体験したのでした。半年後、大いなる神のご計画が用意周到であることに圧巻。私は結婚していました。過去やり残した思いを共有したパートナーと。

その前世療法を受けた翌日、私はヒプノセラピストであるジェイからこの映画をすすめられて、VHSで映画の観賞会を友人の母宅でしたのでした。この映画は、1980年と1912年の間を 自己催眠によってタイムトラベルする恋愛物語です。ストーリーは→http://www.ueda.ne.jp/~peg/story.htm

私にとってのヒプノセラピーの原点が1994年にあり、当時人生に行き詰まりを感じていた私は、「これからは自分のためではなく、未来を担う子どもたちのために仕事がしたい、自分の命を使いたい」そう強く思っている頃でした。

そして2010年である今日、夏至の日、美しい未来を担う子どもたちのために「日本ヒプノ赤ちゃん協会」を立ち上げることができました。16年が経ち、今ようやく私の長年あたため続けてきた願いが地上に清らかに降りてまいりました。

映画を観終わってからウェブ作りに励んでいると、あまりにもパワフルな本日の宇宙エネルギーに頭痛がしてきまして、小休止をして鍼灸治療へ行ってきました。治療室へ入ると、なななんと!Somewhere in TimeのテーマソングがBGMとして流れているではありませんか!嬉しさのあまりににんまり(*^。^*)そして頭痛はすぐにひきました。神様ったらお茶目な演出をいつもありがとうですLOVE LOVE LOVE

 

いま自然に生まれたがっている赤ちゃんが天界でたっくさん待機して待っててくれている気がします。宇宙の呼吸に身を委ねて、すべてを明け渡して、信頼の下出産する「ヒプノ赤ちゃん」。ぜひ助産婦さんたちにも広く分かち合っていきたいと考えております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

尚、「日本ヒプノ赤ちゃん協会」Web Siteは、7月中にオープンいたします。今しばらくお待ちくださいませ。お問い合わせはinfo@hypnowoman.jp まで。

 

 

posted by masumi /日本ヒプノ赤ちゃん協会comment(4)


pagetop

最近の記事

最近のコメント

Copyright Hypno WomanContactlinkPrivacy Policy